手づくりルームシューズ

こんにちは。大野です。

先日、出張ケアの時に、奥様(K様)から手づくりのルームシューズを頂きました✨

Kさんはご主人の介護を、基本おひとりで介護されています。(息子さん家族と同居なのですが、共働きでそれぞれフルタイムなので、洗濯・食事・お風呂・着替えなど全て奥様がされています)

旦那さまは1メートルの手引き歩行がやっとの状態な為、生活全般の介助が必要な状態なのですが、訪問介護やデイサービスなどは利用されず、ご自宅で過ごされています。

ケアマネさんからも、奥様の負担を考え、サービスの利用を勧められてはいるものの、今の生活スタイルが落ち着いていて、介護サービスと言っても第3者が入ることに煩わしさもあるとのことでした。

フットケアは、奥さまも難しいとの事で(こわさもあり)、旦那さまの爪の伸びるスピードから2ヶ月に1度お伺いさせていただいています。

ご家庭によって、「〇〇した方がいいのでは?」と周りからアドバイス受けても、「やらない理由・できない理由」というものがあるんですよね。

このKさんご夫婦は、奥さまが動かないと逆に病気になっちゃう😅と、常に動いていて、隙間時間を見つけては、編み物やぬいぐるみを作ったりされていて、若い頃から仕事をしながら、家事育児とずっと動き回っていたと教えてくれました。

「体が動くうちは、自分でやってた方が気が楽」との事でした☺️

ご家庭のご本人達の思いを受け取りながら、その人なりの生活を陰ながら守っていけたら・・と思います。

私も、2ヶ月の1度ですが、伺った時に、看護師としての視点も大事にしながら、Kさんご夫婦の何らかしらの変化を見逃さないように、フットケアを通して、ご自宅での生活のサポートをされていただきたいと思っています。

ご自宅で、ご家族の爪切りでお悩みの方、ぜひ下記へお気軽にご相談ください😀

投稿者プロフィール

webmaster