巻き爪のケア

こんにちは。大野です。

本日は、巻き爪のケアお伝えします🦶

当店の巻き爪に対する施術は、

巻き爪ケア巻き爪補正の2種類です。

今回は巻き爪ケアについてお伝えします。

巻き爪ケアとは、爪周囲(溝や爪の下)の溜まった角質汚れのお掃除爪切りでのケアです(爪を上げるための器具は使いません)

こちらは、巻き爪による痛みが無い方、ご高齢の方、ご自身でのセルフケア(足を見る・洗うことなど)が難しい方におすすめです。

実際に、下の方ケースは、80代 女性(S様)です。

巻き爪である認識はもなく、痛みもありません。ただ、ご自身では爪が切れないということでした。

ケアを始めていくのですが、

爪周りには、結構角質の溜まりがあり、ここをお掃除しないと爪と皮膚の境目がわからず、爪切りの時に皮膚まで切ってしまう危険があるので、とっても大事なケアになります(お客様からは、何を細かいことやってるんだろう・・?と思われると思います😅)

次に爪切りです。ニッパーという専用のハサミのような形の爪切りを使っていきます。

どうでしょう?

ケア後に、爪の広がりが確認できます✨

また、くっきりと爪が当たってた痕が残っていました。

この爪の痕あとは、数日で皮膚が盛り上がってくるので問題ありません😃

     ケア前          ケア後

爪が広がると、指先の力を受け止める面積も広がます!足の場合、立った時、歩行時、運動時のバランスの安定につながるので、ご年配の方ですと、転倒予防になります!

「昔からだから・・」

「年だから・・」と諦めないで欲しいと思っています。

お掃除、爪切りだけでも変わります。

ぜひ、ご相談ください😊

フットケア・レーベン | 20年以上の看護師経験を持つ、 足の専門家によるフットケア専門店20年以上の看護師経験を持つ、 足の専門家によるフットケア専門店www.footcare.co.jp

投稿者プロフィール

webmaster